ビジネスに計画は必要か?

「社長の右腕」の仕事をしていて、
 世の中の経営者について色々と気づくことがあります。

例えば、ある視点で見たとき経営者には2つのタイプがある。

 1.綿密な計画を立てるタイプ
 2.ノープラン・直感で突き進むタイプ

 因みに、私は「1」のタイプです。

なので、「2」のタイプの経営者の右腕には適任だと思っているのですが、
市場分析で真実を明らかにし提言するも「そんなはずはない」と、
情熱だけで突き進んで失敗してしまう経営者がいることも事実。

さて、新規事業を成功させて生き残れる企業がどれほどあるでしょうか?

経営者は船長です。

「地図もコンパスも無く宝島を目指して出航する船長」と、
「地図、コンパス、航海計画をバッチリ用意して宝島を目指す船長」では、
どちらが宝を手に入れる確立が高いでしょうか?

また、船員(従業員)はどちらの船に乗れば幸せになれるでしょうか?

そして、 「地図、コンパス、航海計画」を手に入れる(作る)のは、
必ずしも船長である必要はなく、
船長は、
・どんな宝島を目指すのか?
・どんな船で航海するのか?
・どんな船員をどんな役割で乗せるか?
を、決断することに全身全霊を傾け、
船員は命がけで「地図、コンパス、航海計画」を手に入れる(作る)ことが、
航海を成功に導く唯一の方法だと思っています。

ソフトバンクの孫正義社長はこう言っています

「無人島で宝探し、必要なのは地図とコンパスだ」

長くなりそうなので、 また後日続きを書きます^_^

 "社長の右腕代行"
代表 久保田 亮一

社長の右腕(伴走型コンサルティング)

経営者の右腕として、計画から実行まで"共に考え、共に動き”、経営者が円滑に意思決定するための問題の可視化や経営の選択肢の分析検証、現場が主体的に活動するための施策策定の支援などを実行します(=伴走型コンサルティング)。